本文へ移動
国際研修・セミナー 国際研修・セミナー

第13回「東南アジア諸国のためのグッドガバナンスに関する地域セミナー」(GGセミナー)の開催について

アジ研では,東南アジア諸国における「法の支配」「良い統治(グッドガバナンス)」の確立に向けた取組を支援し,刑事司法実務家の人材育成に資するとともに,東南アジア諸国間における相互理解・協力を促進するため,平成19年度から,グッドガバナンスをテーマとする東南アジア地域セミナー(通称:GGセミナー)を毎年1回開催しています。

第13回GGセミナーは,「汚職事件における効果的な金融捜査と資金洗浄対策(没収と資産回復に向けて)」を主要テーマとし,令和元年12月17日から同月19日までの3日間,昭島市の国際法務総合センターで開催されました。アジ研にとっては,平成29年秋の昭島移転後,初めて同センターでのGGセミナー開催となり,参加者への新庁舎お披露目の機会ともなりました。

今回のセミナーには,ASEAN10か国及び東ティモール民主共和国から,捜査官,検察官及び汚職対策機関職員等の合計23名が参加したほか,海外客員専門家として,香港独立反汚職委員会捜査部首席捜査官のチー・ヤン・ケイト・チェウク氏及び米国司法省サイバー犯罪及び知的財産部検事のルイーザ・キャサリン・マリオン氏を招へいし,国内専門家としては,東京地方検察庁特別捜査部検事の渡部直希氏にも講師として御講義いただきました。最終日には,当所からほど近い東京地方検察庁立川支部への訪問を実施し,同支部長との歓談や,庁舎見学等を通じて,我が国の検察実務への理解も深めてもらいました。

各参加者からは,今回のテーマに関連した各国の現状,法制整備状況や事例の発表があり,これに基づいた討議を経て,各国の汚職対策についての課題とベスト・プラクティスが共有されました。いずれの発表も,参加各国における近時の汚職対策の実情を理解する上で非常に有意義なものであり,最終日には,討議の結果を取りまとめた議長総括が発表されました。

第13回グッドガバナンス・セミナーの報告書(英文)【準備中】


第13回GGセミナー集合写真

瀬戸所長開会挨拶

ルイーザ・キャサリン・マリオン氏講演

チー・ヤン・ケイト・チェウク氏講演

渡部直希検事講演

参加者個人発表

東京地方検察庁立川支部見学

セミナー風景
ページの先頭へ